企業のビジネスは常に変革が求められます。

事業の拡大、コスト体質の改善、市場縮小への対応…。経営者の方が自らどれだけ陣頭指揮を執ったとしても、従業員がついてこれない…という悩みは、多くの会社にとって共通のもののようです。

かといって、既存の人材育成の枠組みでは限界がある、と感じている社長様も多いのではないでしょうか。その場限りの研修や、その時だけ気分の上がる合宿の効果は限定的で、しかも、繰り返せば繰り返すほど効果が半減していきます。

となるとOJTが最適解か?というとそれもまた違う気がしませんか。残念ながらOJTという言葉を「何もしない」の逃げ口上として用いてしまっている会社は少なくありません。手元にある仕事に注力しているとき、人はなかなか刃を研ぐことに注意を向けることができないものです。

フォルケではこういった悩みに対応した人材育成を提案しています。

自発的にアンテナを張って情報を集め、自発的に働き、自発的にセルフメンテナンスできる人材。

究極的にそんな人材が育てば、人材育成そのものが不要になるのかもしれません。