BLOG

【緊急】フォルケのオンライン教材「すらら」を無料でご利用いただけます

フォルケ学園のオンライン教材を休校期間中ずっと体験できます。フォルケ学園では、1月よりオンライン学習をベースにしたコースを用意しており、不登校の方をはじめ、何らかの理由で学校に通うことができないご家庭の他、学習塾以外の場での学びを希望されるご家庭のためにサービスを提供しております。今般、

フォルケタイムズ創刊号のQuiz解答

フォルケ店頭でお配りしている「フォルケタイムズ」。紙面の下の部分にあるQuizCornerの問題と解説を紹介します。(フォルケタイムズのバックナンバーはダウンロードできます)解説:発想を柔軟にできれば、色々な分け方ができます例に上がっている「奇数と偶数」の分け方は、最もシンプ

【今日のフォルケ学園】勉強の枠を外す

ふだん、お子さまと接するときに、どういう意味合いで「勉強」という言葉をつかっていますか?What…英数国理社+αWhen…学校や塾にいる時間・宿題の時間Where…学校や塾・部屋の机Who…先生に教わるWhy…進学・就職のためHow…授業を受けたり問題を解いたり

学校や既存の教育に対して安易に「アンチ」にならない、ということ

フォルケ学園にご相談にくる親御さんの中には、お子さまがいわゆる「不登校」ということも珍しくありません。(弊社がオンラインでホームスクール支援コースを立ち上げたのも、そう言ったニーズに対応するためのものです)不登校の児童・生徒の比率は、大まかに言って、・中学校なら、クラスに1人

【今日のフォルケ学園】冬休みの勉強ペースを維持しよう

冬休み前の会話正月三が日も、学園長はせっせと働いています。今日は漢字のプリントを作りました。何故かというと、2学期の最後の授業で、小学3年生のモモちゃん(仮名)とこんな会話をしたからです。※プライバシーの保護と説明の便宜上、実際の会話の内容とは少し異なっています。

「教える人」は教育に必須ではない。

2020年4月からプログラミング教育が必修化されます。小学校での英語教育や、今回のプログラミング教育などで毎度のように取りざたされるのが、「教える人の養成」です。子どもたちにプログラミングを学ばせるには、まず大人がプログラミングに詳しくならなければならないということなので

勉強を教える、にも色々ある。

数年前から「アクティブラーニング」という言葉が流行り始めました。学校現場ではその言葉の独り歩きを嫌ってか、「アクティブラーニング」という言葉を日本語で再定義し「主体的・対話的・深い学び」という言い方をしたりします。特にこの「主体的」というのが大事です。今までの日本の社会では、優秀

【今日のフォルケ学園】解き方は、ひとつじゃないね。

ある日のフォルケの授業風景です。ももちゃん(仮名)は、パズルやゲームが大好きなのですが、問題を解いている様子を見ると、どうやら少し掛け算や割り算に苦手意識があることに気づきました。というわけで、宿題を出してみました。宿題で出したものをいくつか紹介します。皆さんも是非解

TOP