フォルケ学園の特徴

入塾時カウンセリングでは、勉強以外のことも。

一般的な学習塾では、クラス分けを行うために、入塾時に学力診断テストが行われます。

しかし、フォルケ学園は個別対応型の指導を行っているため、クラス分けは必要ありません。
むしろ、カウンセリングの段階では、ペーパーテストのスコアでは測れないパーソナリティや、
本人の将来の希望、現在の習い事といった生活面を把握することに重きを置いています。

​例えば、塾や習い事は何曜日に通っていて、自由な時間は一週間にどれくらいあるのか。
そう言ったことを把握して初めて、将来のことを語れるとフォルケ学園は考えています。

子どもがやりたがらない宿題は出しません。

学習習慣を身に着けさせるために、一般的な学習塾では宿題をたっぷりだします。
「塾が忙しいから宿題は出さないでください」と学校の担任に直訴する保護者様もいるほどです。

しかし、宿題を出しても学習効果が上がらないことは、今や世界の常識です。
フォルケ学園は、単に知識や解法を教えることではなく、自ら答えにたどり着く力を育てることを重視します。

だから、宿題は出しません。

その代わり「次に塾に来るまでに何を勉強してくるか?」を一緒に考えて、
子どもたちにコミットしてもらえる範囲で取り組んでもらいます。

勝手に学ぶ子コースの一週間のスケジュール。実は「塾に来ない日」こそが大事だということを知っている人はごく一部です。

ると、いずれ大人が手をかけなくても、一週間でやるべき勉強を
自ら組み立てて学ぶようになっていく。これこそが「勝手に学ぶ子」の真骨頂です。​

英数国だけじゃありません。理社だけでもありません。


もちろん、学校での学びはとても大切。しかし時には、自分の興味関心に応じた色々なテーマを
学ぶことも、まわりまわって学校の勉強に取り組むモチベーションにつながります。
例えばビジネスのことやお金のこと。ゲーム、YouTubeの世界のこと。
彼らの興味を否定しないことから、彼らの成長は始まります。

写真のような難しい折り紙を、教本を一切見ずに難しい折り紙を折ることができる子もいます。既存の科目構成では測れない分野を伸ばすことも、フォルケ学園の得意分野。

 

通学コースは定員制。

 

大人の社会で活躍しているメンバーが直接指導するため、定員が設けられています。

私たちフォルケ学園のメンバーは、大人の世界でも専門分野をもって仕事をしている「プロ」の集団です。学園長も公認会計士の資格を持っていますし、フォルケという会社も色々な分野のビジネスを手掛けています。

敢えて専属の講師を置かないのは、子どもたちが明るい未来を描けるようにするためには、私たち自身が「かっこいい大人」の姿を見せ続けることが何より大事だと考えているからです。

そう言う事情があるため、フォルケ学園に通えるお子様の人数は10名までと定員を設けさせていただいています。
オンラインコースには定員の定めがありません。詳しくはこちらをご参照ください。

 

授業料

フォルケ学園の授業料は以下の通りです。

1コマ50分。 上記料金のほか、入学金2万円・システム利用料2500円/月を申し受けます。(税別)