1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 学習塾
  4. フォルケ学園のホームスクール支援コース

WORKS

実績紹介

学習塾

フォルケ学園のホームスクール支援コース

不登校のお子さんが、家庭学習で義務教育を卒業できるコースがあります。

不登校は、もはや珍しいものではありません。

今、このページをご覧になっている方の多くは、お子さまが不登校の状態になり不安を抱えていることと思います。

  • このまま大人になったらどうなっちゃうのだろうか?
  • ずっとゲームばかりしているけど、どうしたらいいの?
  • 中学の出席日数が足りないと、高校入試にも影響があるんじゃ…?

大事なお子さまの将来を心配する気持ちは分かりますが、まず知っておいてほしいことは「不登校は珍しくない」ということです。
少子化時代、子どもの数は年々減っているのに対し、不登校の子は、だんだん増え続けています。

文科省の調査によると、現在小学校では学年に1~2人、中学校ではクラスに1~2人が不登校です。

なぜこのように不登校が増えているかというと、子どものメンタルヘルスの問題もありますが、実はそれ以上に「学校に行かないという選択肢が徐々に社会で認知されつつある」という面も大きくなってきているのです。

不登校はごく一部の例外的な現象ではなく、子どもの学び方の選択肢の一つです。
まずはそのことを理解いただき、安心してこの先を読み進めていただけたらと思います。

ホームスクールという選択肢があります。

学校に通わない場合の代替的な学び方としてよく知られているのがフリースクールです。フリースクールに通う場合、学校長の許可をとっておけば、フリースクールにいる日は実質的に学校に来たことと同じ扱いにしてもらえることになっています(詳しくは文科省のガイドラインをご参照ください)。余談ですが、いわゆるインターナショナルスクールも位置づけはこのフリースクールと同じです。

が、フリースクールが近くにない場合や、お子さまのキャラクターにフリースクールの空気が合わないことも良くあります。そして義務教育とは異なる場所で学ぶことになるため、多少なり費用が掛かるというデメリットもあります(フォルケ学園でもフリースクールとして通学してもらうコースが用意されています)。

そういったデメリットを解消できるのが、ホームスクールという選択肢です。

その名の通り、自宅で学ぶことによって、学校の授業に出席していたものとみなしてもらえる仕組みです。フリースクールと同様、地元の学校の校長先生の許可を得られれば、ホームスクールを認めてもらうことができます。費用も、自分で学ぶためのテキストを実費で購入すればいいので、金銭的負担も非常にリーズナブルになります。

しかし、ホームスクールはややもすれば「ただ学校に行かないだけ」ということになって復学後に勉強についていけなくなってしまったり、ホームスクールを隠れ蓑にした虐待の危険性があったりするため、配慮すべき点が数多くあるのも事実です。

そのような点をクリアし、リーズナブルな費用でホームスクールを実践できるようにしたのが、フォルケ学園の「ホームスクール支援コース」です。

フォルケ学園「ホームスクール支援コース」のサポート体制

①学校長との面談への準備をサポートします。
学校通学以外の方法で学ぶ場合、避けて通れないのが学校長との面談です。
学校長に面談をせずに独自の判断でホームスクールを選択してしまうと、ネグレクトや虐待の危険があると判断されてしまうことがあるため、学校への連絡はやはり必要になります。ところがその際、学校関係者がホームスクールなどの制度に詳しくないケースも実はまだまだあり、校長先生にホームスクールとは何か?学校に行かないことのデメリットをどう解消しようとしているのか?といったことを根気強く説明する必要があります。

そういったプロセスが大変であるがゆえに、「学校の先生は何もわかってくれない!」と腹を立ててしまう親御さんも中にはいらっしゃったり、さらには、そう言った反感をあおるようなスタンスをとるフリースクールも残念ながら一部には存在します。
しかし、そういったスタンスは、長い目で見ればいつか学校に戻りたいと思うかもしれないお子さまの選択肢を奪うことにもなりかねません。

フォルケ学園では、地元の学校の校長先生・担任の先生との連携をとりながらお子様の成長を皆で見守るスタンスをとっており、いわゆるアンチ学校のような思想は持っていません。先生方の理解を得ることで、お子さまにとって最適な環境を作るための準備をお手伝いさせていただいています。

②オンライン教材を用いて、学びのペースづくりをサポートします。
フォルケ学園では、「すらら」というオンライン教材を用いて自学自習をサポートしています。教室もチャイムもない環境で自発的に学ぶ姿勢を保つことは大変ですが、自ら学ぶ習慣を確立できれば、お子さまはしっかり成長していくことができるようになります。もちろん、アカウントを持っていれば、あとはやる気次第で勉強し放題です。

「すらら」のオンライン教材はスケジュール管理機能やログ機能がついており、お子さまがいつどのくらい勉強をしたかがタイムリーに把握できるようになっています。

とはいえ、せっかくホームスクールを選んでいるので、時には学校の勉強とは違うことも学びたいというお子さまもいらっしゃいます。例えば大好きな鉄道のことを突き詰めて調べてみたり、絵を描いてみたり…そういった活動も含めてお子さまの個性や将来への希望をはぐくむことも、私たちの大事な役割だと考えています。

③月1回のスクーリングで、子どもたち同士の交流の機会を設けます。
月に1度、五反田にある「フォルケ学園」でスクーリングを行います。そこでは1カ月間どんな学びをしたかを発表しあったり、一緒に同じテーマについて学んだり、ボードゲームなどを通じて楽しく遊ぶイベントを用意していきます。

なお、中には人前に出ることが苦手なお子様もいらっしゃることと思いますので、参加は任意です。またスクーリングの風景をオンラインでご覧いただくこともできます。

④ご希望の方に公認心理師によるカウンセリングや知能検査を受けていただくことができます(別途費用)
実は、フォルケのメンバーは皆、知能検査を受けています。その結果を見てわかるのは「どんな人にでも苦手な分野はある」ということです。IQがいくつか?という数字の話は、大して重要ではありません。

不登校のお子様の中には、知能面での「でこぼこ」を抱えているケースも見受けられます。知能検査やカウンセリングを行うことにより、その「でこぼこ」を把握し、得意や苦手を踏まえてどんな学びのスタイルをとるのが良いのかをアドバイスすることで、お子さまが苦労せずに新しいことに向き合えるようにサポートします。

検査はフォルケが提携している公認心理師が行います。

今なら費用は8,000円/月。

  • 「すらら」のオンライン教材アカウント
  • 学校長への面談等の準備サポート
  • 月1回のスクーリング

これらをパッケージにして、8,000円/月にて受講を開始していただけます。
※税別。なお、入学時に入学金10,000円がかかります

リーズナブルな費用で、安心してお子様が学べる環境が手に入ります。
迷っている方は是非、こちらまでお問い合わせください。

※週1回からの通学コースも別料金でご案内があります。詳細はお問い合わせください。

実績紹介